クマなりぶろぐⅢ

クマなりぶろぐⅢ

自然豊かな南紀で 海水魚(死滅回遊魚)や水生昆虫等の採集や飼育をしている「クマ」のブログです

 

採集九回目

実は先週も出動したけど、波が高く 入っても濁りで見えなかった為

五分で終了しました


さて、前回のリベンジです

ポイントの穴を確認  今回はタツナミガイも居ません

穴は思ったより小さく手が入らないほどの大きさ

しばらく近くで観察しますが出てきません

近くの窪みや穴も探っても居ませんね



少し時間を空けるためほかのポイントに移動


するとナメラ発見、少し離れてるが場所からしてあーちゃん家族さんの見つけたコでしょうか?

ただ、直ぐにサンゴの中に入られ追い出せない


次に進みます



レアものポイントでアブラ発見!

でもやっぱりテーブルに入られてロスト (汗)

「あれっ?ヤリカタギが入ってる?」



勝手にヤリゲットです



第三ポイントへ

手前のスギ林から調べて行きます

テーブルゾーンへ差し掛かった所でテンカワ発見

しかしデカいし速い

おまけに外海に近いため波にカブられる

とっとと諦めイッテンも見当たらないので戻ります


しばらく探しましたがウズマキには会えませんでした


今回はお持ち帰り無しです(泣)
20161030203927255.jpg




スポンサーサイト
 
 

採集八回目

久しぶりの海です

採集シーズン真っ最中にもかかわらず 一ヶ月以上間が空いてしまいました

今年は仕事や天気のタイミングが悪いです




何はともあれ久しぶりの海を楽しみましょう



予定の場所はすごい風で断念

こうちゃんから イッテンとテンカワの情報も入ってる いつもの場所へ



入ってすぐ セグロ発見

しばらくすると またセグロ

いや、セグロだらけ

たまにウミヅキ


フウライ、トゲ、ミスジ、トノ、スミツキ、ニセ、ヤリ、アケ、アミなどはまあまあ
たまにミゾレ、ミナハタなど

採るものも無いので 狙いのポイントへ


しかし、しばらく探すがイッテンもテンカワも見つけられず
風波にガブられ とっとと撤退


ベースに戻ると 知り合いが
何でも 数日前にウズマキを見つけたが取れなかったので回収にきたとか


いったん上陸してお昼にします


ここまでの成果





昼食後
ポイント移動しようか考えてると もう一組のご家族連れが上がってきた
こちらもお知り合いでした

少しお話してるとナメラが居たとか

先ほどの知り合いも上がってきてウズマキの穴にタツナミガイ?
が蓋をしてるとか

ご両家とも、もう帰られるとのことなので
両方チャレンジします  



先ずはウズマキのポイントを探します

ハマサンゴの形、状況から大体あたりをつけ
覗き込むと例のタツナミガイが


取り敢えず場所は分かったのでナメラの方へ


大体の場所は分かるものの肝心のナメラが見付からない

諦めてウズマキに戻るが
煙幕攻撃にしっぽ巻いて帰って来ました。




結果、ニセ追加で本日終了です


あ、持ち帰りはウミヅキ1、セグロ2、ニセ1、アミ1でした
久しぶりのチョウ飼育ですね





 
 

ふたたび台風


今年もこの時期が来ました



恒例の強化合宿です




朝から今年初めての場所へ


波は大したことないけど、風が凄い


入ってすぐ↓




ヘコアユ ゲット


その後アチコチ見て廻るが何もない



しかも風に流されスタート地点に戻れない



ここを諦め場所移動



みんなが居る場所へ



ヤドカリ少し



予約のサザナミ



で、終了


宿に向かいます



夜はもちろん宴会です



明けて朝食



残念ながら2日目は天候や波の状態など考えてキャンセルでしたが


楽しい一時を過ごすことができました



 
 

採集六回目

さすがに この歳になると 連荘は厳しいものがある

でも、息子たちの希望なのでいつもの場所へ



今回は お魚メインではないためカメラ持って泳ぎます
けっこう邪魔ですが・・・

結果↓
20160816115947150.jpg

あっナメラは前日のです

ついでに海の中の画像↓
 
 

採集五回目

今日は ホ○さん、○さやんが来ると言うので先日追い返された磯へ

クロさんご一行と行って来ました

なんだか波が高いけど着い てすぐ、秘密のヤドポイントで 少しだけお土産用のヤドをゲット

続いてタイドプールを廻る

「あれっ!」

見間違いかもと暫く観察して再発見

なんとか追い込んでゲットしました


 
<- 03 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

クマ

Author:クマ
本州の南端、和歌山の南紀で死滅回遊魚(季節来遊魚)の採集や飼育をしているクマです

カウンター
アルバム


Archive RSS Login