クマなりぶろぐⅢ

クマなりぶろぐⅢ

自然豊かな南紀で 海水魚(死滅回遊魚)や水生昆虫等の採集や飼育をしている「クマ」のブログです

 

クマなりなチョウ分類です

DSC_0566_convert_20121104110722_20130209155139.jpg

おいら的に南紀のチョウを分類してみました。
異論も有るでしょうが自分の感覚では以下のように分けてます

基本六種
(南紀に限らずチョウが居る所なら まず見られる種)

ナミ、トゲ、フウライ、アケボノ、チョウハン、セグロ

南紀七種
(南紀で普通に見られる種)

ミスジ、トノサマ、ヤリカタギ、スミツキ、アミ、ニセフウライ、ウミヅキ

地味系三種
(南紀でも、それ以外でも多くない でも地味)

ゴマ、ミゾレ、シラコ

基本六種は雑食性

だからこそサンゴのない地域でも ある程度生きて行けるんやろうね

南紀七種の内

ミスジ、ヤリカタギ、ウミヅキはポリプ食
トノサマ、スミツキはポリプも食べる雑食
アミ、ニセは雑食だが小さい内はサンゴに依存している

地味系三種は雑食性 普通に居る訳でもなく、かと言ってレアって訳でもなく、それほど綺麗でもなく・・・

これ以外はレア種ってことですが、その年や場所によっては結構居たりする種もいます。

これらにハタタテ類を入れて

基本八種 (チョウ基本6種+ナミハタ、ムレハタ)

南紀八種 (チョウ南紀七種+ミナハタ)

と分ける場合も。

スポンサーサイト

 
 

Comments

 
こうちゃん コメントありがとう
出来れば学名よりも 捕まえた時や飼って見た感想もくだされ
>オニハタは?
オニハタはツノ、シマよりは多いけどミナミより圧倒的に少ない気がするので今はレア物扱いです。
ただ、ハタ系はチョウに比べてレア度は低いね
本当ならレアはシマだけ
南紀にオニ、ツノ、ミナミ
基本にナミ、ムレ、でもいいかも知れない
 
オニハタは?

 
<- 04 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

クマ

Author:クマ
本州の南端、和歌山の南紀で死滅回遊魚(季節来遊魚)の採集や飼育をしているクマです

カウンター
アルバム


Archive RSS Login